【言葉力を鍛えよう!】『書く』という習慣には意外な効果があった?

pet_kotoba_oshieru_inko.png
こんにちは!
営業マンです。

今回のテーマは【言葉力】です。


ブログの運営を始めておよそ10ヶ月。


早いような、短いような‥ブログにアクセスして下さる人達のおかげで、なんとかモチベーションを保ち更新を続けてきました。


サイト立ち上げ初期の頃よりは更新の頻度は落ちましたが、なんとか今も続けることができています。


『辞めずに続けるため』には『自分のペース』というものがとても大切です。


何事でも同じですが、スローペースでも続けてさえいれば、おのずと『成功』は見えてくるものです。


『この辺のこと』については以前に記事にしたこともあるので、ぜひ読んでいただければと思います。


〈関連記事〉


さて、実はブログ始めてから私は「あるチカラ」が飛躍的に伸びたように感じています。


その「チカラ」とは‥ズバリ【言葉力】です。


そこで今回はタイトルを〖【言葉力を鍛えよう!】『書く』という習慣には意外な効果があった?〗として進めていきたいと思います。






1,〖【書く】という習慣〗


私は『ブログ』という【習慣】に出会い、文字や文章を【書く】ということが、とても身近なものになりました。


さらにブログを通じて『Webライター』という仕事にも出会い、本業である『営業』の仕事と『複業』をすることで、その身近さは『より身近なもの』になっています。


ブログやライター業で『文字を紡ぐ』ことが日常化してしばらくが経つと、私の能力に思いもよらぬ『効果』が出始めました。


本業である営業の仕事において、『口から発する』【言葉】に【チカラ】が出てきたのです。


2,〖【書く】ことで得られるチカラとは?〗


そのチカラの正体とは、例えるならば『表現力』や『語彙力』そして『構成力』『想像力』『論理力』などの言葉にも置き換えられるでしょうか。


ブログやライターという仕事では、実に様々な【言葉】を駆使してテーマに沿った文章を書いていきます。


かたい印象を持つ『丁寧な言葉』から、くだけた印象を持つ『フレンドリーな言葉』まで。


同じモノやコトを【書く】にしても、言葉のチョイスや表現は読者ターゲットやテーマによって異なります。


難しい固いテーマの時に織りなす言葉。フランクでフレンドリーなテーマの時に織りなす言葉。


それはまさに『変幻自在』です。


3,〖【言葉力】がもたらすものとは?〗


このようにいろいろな【言葉】を『文字』や『文章』にすることが『日常の一部』となった最近の私。


それは本業である営業の『商談力』のスキルアップにもつながっています。


例えば顧客との商談のやり取りの中の会話のキャッチボールでもそうですし、新規の営業先でのトークでもそうです。


以前よりも明らかに『言葉』や『切り返し』がスラスラと頭の中に浮かんでくるようになったのです。


そのおかげか、顧客や営業先との会話も大変盛り上がるものになり、『受注』につながる案件も確実に増えてきています。


4,〖【書く】ことが【言葉のレパートリー】を増やし【頭の回転】を早くする〗


ここからは『私の憶測』なのですが、おそらくブログやライター業で文字や文章を【書く】中で、知らず知らずのうちに【言葉のレパートリー】が増えていったことが関係しているのではないか?と思っています。


また、常に【言語を意識】することで言語を司る左脳が刺激され『頭の回転』が早くなっている可能性もあります。


いずれにしても『文字』や『文章』を日常的に紡ぐことは『口から発する言葉』にも好影響を及ぼす。


という推察はけっして『外れたものではない』ということは確かです。


私の場合は『その手段』がブログであり、Webライターという仕事だったということです。


その手段は別にブログやライター業だけではありません。ノートに書く『日記』でも何でも大丈夫です。


とにかく【文字や文章を紡ぐ】ことが大切なような気がします。


5,〖【言葉力を鍛えよう!】『書く』という習慣には意外な効果があった?まとめ〗


まとめると‥


①文字や文章を『書く』ことは【言葉のレパートリー】を増やしてくれる。

②文字や文章を『書く』ことで言語を司る左脳が刺激され【頭の回転】が早くなる。

③文字や文章を『書く』ことが【口から発する言葉にもチカラ】を与えてくれる。

④【その方法や手段】は何でも良い。

⑤培ったその【言葉力】は人生の様々な場面で自分に好影響を及ぼしてくれる。


アナタもぜひ【文字や文章を紡ぐ】ことを『日常化』してみて下さい。


以上〖【言葉力を鍛えよう!】『書く』という習慣には意外な効果があった?〗でした!


最後まで読んで下さり、ありがとうございました。

この記事へのコメント

スポンサーリンク