【Midworks】がスゴイ!エンジニアさん必見!正社員並みの待遇をフリーランスでも実現できる?

balancing-2939271_1920.png
こんにちは!
営業マンです。


簡単に自己紹介をしますと、私はアラフォー年代の会社員で二児の父親です。


サラリーマン歴は約20年ですから、立派なプロサラリーマン?(笑)といえるでしょうか。


私の経歴の話を少しだけ話しますと、私の社会人キャリアのスタートは某小売チェーンを展開する某企業に正社員として入社。


数年後にマネジャー職に就き店舗の運営責任者や仕入れ担当を歴任。


しかし30歳の時、家庭の事情と今後の人生展望を鑑みて現在の会社に転職。


このように約20年にわたり【企業人】として仕事をしてきた私は【正社員】としての【安定】や【福利厚生】を存分に享受してきたわけです。


さて、現在の私は?というと会社員として働く傍らで【個人】で【ライター業】や【ブログサイトの運営】などを行っております。


ゆくゆくは【フリーランス】で企業に属せず【個人で仕事】を‥なんて展望もありますが、自己紹介させて頂いた通り私はサラリーマン歴20年です。


しかも二児の父親で家族を持つ身‥


長きに渡り企業の【正社員】として手厚い【福利厚生】を受けてきた私にとっては少しだけハードルが高く感じてしまいます。


しかし‥


なんと!【エンジニアという職種限定】ではありますが【フリーランス】にして【正社員】のような手厚い【福利厚生】を受けることができるサービスを発見しました!


その名も【Midworks】!!


名前もなんとなくカッコイイ感じがしますよね!


そこで今回はタイトル〖【Midworks】がスゴイ!エンジニアさん必見!正社員並みの待遇をフリーランスでも実現できる?〗として進めていきたいと思います。





1,【Midworks】のここがスゴイ!


サラリーマンとして20年間、手厚い【福利厚生】を享受してきた【私だからこそわかる】視点も織り交ぜながら【Midworks】の【スゴイところ】を紹介していきます!


まず始めにこの【Midworks】ですが、フルリモートでのお仕事やエンジニアが未経験の人にはいささかハードルが高いサービスとなっているようです。


あくまでも【エンジニア経験者】で【フルリモートワークの経験者】に向けたサービス内容であることを予め説明しておきます。


それでは早速‥


【Midworks】のここがスゴイ!


2,【満足の手取り収入】と【収入の安定性】


【フリーランス】と【会社員】には【収入面】おいてそれぞれ【メリット・デメリット】があります。


A【会社員】の収入メリット

毎月決まった金額のお金が決まった日に【給料】として入ってくる。

B【会社員】の収入デメリット

残業手当は別として『仕事量』や『仕事の質』に関わらず基本的には【給料】の金額が予め決まっている。
その為『いくらがんばったとしても』大幅な収入の増加は見込みにくい。


以上が【会社員】の【収入のメリット・デメリット】です。

【会社員】の【給料】は業績や成果の『影響を比較的に受けにくく』【安定した収入】が見込めます。


しかし『影響を受けにくい』ということは裏を返せば、仮に大幅に業績や成果を伸ばしたとしても【収入の大幅増加】は『あまり見込めない』とも言えます。


C【フリーランス】の収入メリット

会社員は『自分の時間を提供』して収入を得るが、【フリーランス】は【成果物】を【納品】して収入を得る。
その為【納品したら納品した分】だけ収入につながる。しかもその上限は【青天井】である。

D【フリーランス】の収入デメリット

【納品したら納品した分】だけ収入につながるので『良い時』は良いが【仕事が無い時】や【条件や単価がわるい時】は【収入】が大幅に落ち込む事がある。(つまり不安定)


以上が【フリーランス】の【収入のメリット・デメリット】です。

会社員と比較して【フリーランス】は『良い時』の収入は【青天井】であり、大幅に稼ぐ事ができますが仕事が無い時は【無収入になる可能性】があります。


正社員と比較すると【フリーランスで働く】ということは【安定性を欠き】リスクの高いものになるでしょう。


しかし‥【Midworks】はこのリスク回避がスゴいんです!!


【フリーランス】なのにまるで企業の正社員のような収入メリットがあるんです!!


なんと【Midworks】では取引先との契約が終了しても【Midworks】との契約期間中は【Midworks】自身から仕事を依頼する仕組みがあるので【安定的】な収入が見込めるようなんです!

※【Midworks】との契約は半年~1年単位で更新。


‥スゴいですよね‥

フリーランスのデメリットである【仕事と収入】の【不安定さ】をなんと【Midworks】が『自から仕事を依頼すること』で見事に【解消】しています。


これだけでも【Midworks】のスゴさがうかがい知れると思います。


しかしこの【Midworks】のスゴイところは【収入面】だけではありません。


3,【透明性】の高い【受注金額】


どんな仕事にも必ず【発注元】というものがあり、フリーランスで仕事を請け負う場合2つの【受注ルート】があります。


a【発注元A⇨フリーランスC】
b【発注元A⇨元請B⇨フリーランスC】


aの【受注ルート】は発注元Aから直接フリーランスCへ仕事を依頼してますので【受注金額】は単純明快です。


【発注元A】が設定した金額がそのまま【フリーランスC】の【受注金額】であり、必要に応じて【フリーランスC】が直接【発注元A】と単価交渉することも可能です。


しかしbの【受注ルート】には【発注元A】と【フリーランスC】の間に【元請B】という中間業者が入っています。


【発注元A】の発注先はあくまで【元請B】ですので元々の【受注金額】の詳細は【元請B】のみが知り得る情報であり、【元請B】から仕事を請け負う【フリーランスC】には【元請B】が『一体いくらマージンを取っているのか?』を知ることは通常は出来ません。


しかし【Midworks】の場合はこの点の【透明性】がスゴいんです!!


なんと【元請B】にあたる【Midworks】は『自社のマージン金額がいくらなのか?』をフリーランスに対して【公開】しているんです。


つまり『仕事』の元々の【受注金額】がフリーランスにも【明らか】ということです。


このように【Midworks】は『仕事』の元々の【受注金額】を【明らか】にすることによりフリーランスとの【深い信頼関係】を築いているんですね!


【Midworks】ほんとうにスゴイです!!


4,【年金】や【社会保障】の不安を軽減。


正社員として働いていると様々な【社会保障】が得られます。


【医療保険】や【労災保険】などなど‥企業で働く正社員は仮に【怪我や病気】など不慮な事態に見舞われたとしても【手厚い保障】があります。


しかし通常【フリーランス】にはこの【保障】がありません。


サラリーマンである私がこの【社会保障】の『ありがたみ』を最も感じる時が自分や妻、子どもに【何かあった時】です。


人は『常に元気で健康で働ける』わけではありません。


病気に罹ることもあれば怪我をすることもあるでしょう。

そんな時に‥この【社会保障】の『ありがたみ』を深く実感するんですね。


私の場合は結婚して子どもを持つようになってからは特にこの【社会保障】の『ありがたみ』を深く実感するようになりましたね。


『人生』とは自分だけのものではない。私は結婚して『守るもの』ができて初めてその【社会保障】の『ありがたみ』に気付きました。


さて通常であれば企業の正社員の特権ともいえる【充実の社会保障】ですが‥


なんと‥【Midworks】では【フリーランス】でもその【充実の社会保障】の恩恵を受けることが可能なんです!!


【Midworks】がフリーランスに対して提供する【社会保障】がこちらです。

①医療保険
②労災保険
③所得保障保険
④個人年金保険


何度も言わせて頂きますが【Midworks】ほんとうにスゴイんです!!



5,フリーランスなのに?その中身はまるで【福利厚生】?


当然のことですが【フリーランス】には企業の正社員のような【福利厚生】はありません。


フリーランスはひとりひとりが【事業主】であり、言わばひとりひとりが【社長】ですからね。


しかし【Midworks】はフリーランスに向けた【福利厚生】に準じたサービスがとても充実しているんです!


【Midworks】が提供する【充実のサービス】がこちらです。

①freeeのフリーランス向けプランが無料で利用できる。
②書籍代を10.000円まで負担。
③税理士@LINE相談額の負担。
④顧問税理士の紹介額の負担。
⑤仕事が途切れた時に【Midworks】から給与を支払う仕組み。
⑥ウェルボックス利用無料。


何度も何度も‥言わせて頂きます。
【Midworks】はほんとうにスゴイです!!


ここまで【Midworksのスゴさ】をいくつか紹介してきましたが実は【Midworksのスゴさ】はこれだけではないんです!!
【Midworks】詳しい内容はこちら。

【Midworks】‥ぜひ一度アクセスして見てください!!
【Midworks】登録ページ
以上〖【Midworks】がスゴイ!エンジニアさん必見!正社員並みの待遇をフリーランスでも実現できる?〗でした。


最後まで読んで下さり、ありがとうございました。

〈関連記事〉

この記事へのコメント

スポンサーリンク