視力低下が気になるアナタに!【メガネ】VS【コンタクト】【メリット・デメリット】を考えてみた。

kodomo_shiryoku_kensa_bad.png
こんにちは!
営業マンです。


このブログには一応私の【プロフィール】として、イメージ画像と営業マンというブログネームそして趣味などを簡単ではありますが記載しています。


この【プロフィール】はPCでのアクセスページでのみ表示されるようになっています。


しかしスマホからアクセス頂いた人でもスマホページの右上の【≡】のボタンでPCページに移動をして頂ければスマホでも私のプロフィールを見ることができます。


前もって言っておきますが、そんな大したことは書いていません‥w
あしからず。


さてこの【プロフィール】に使用している画像が今回のテーマです。


そうです。『机の上に置いた【メガネ】』の画像です。


ブログを立ち上げるにあたり【自分のイメージ画像】をあれやこれや考えたのですが、最終的に決まったのがこの『机の上に置いた【メガネ】』の画像でした。


ということで私は近眼です。【メガネ】をかけています。


しかも近眼歴も長く小学校3年生くらいから徐々に視力が落ちていきましたので‥もうベテランの領域ですよね!


今では右と左の両目の視力が【0.1~0.2】くらいなので、【メガネ】や【コンタクト】が手放せない生活を始めて、なんと約25年くらいが経ちました。


私は『近眼の大ベテラン』なんですね!


だって25年と言えばもう‥それは『四半世紀』ですから(笑)


というわけで、今回はタイトルを〖視力低下が気になるアナタに!【メガネ】VS【コンタクト】【メリット・デメリット】を考えてみた。〗として進めていきたいと思います!


さて『近眼大ベテラン』(笑)の私は【メガネ】と【コンタクト】のどちらも使用した経験があります。


私の【近眼経歴】を書くとするならば‥

12歳~15歳⇨学校の授業のみ【メガネ】
16歳~24歳⇨生活のすべて【コンタクト】
25歳~現在⇨生活のすべて【メガネ】


12歳~15歳は学校の授業のみ【メガネ】でなんとかやり過ごしていましたが、高校生になるといよいよ『普段の生活』にも支障が出始めました。


高校生と言えば思春期です。思春期と言えばむずかしい年頃であり『カッコつけたい』年頃です。


そんな『カッコつけたい』当時の私が選んだのが、顔の印象が変わらない【コンタクト】でした。


目次
1,コンタクトのメリット
2,コンタクトのデメリット
3,メガネのメリット
4,メガネのデメリット
5,おすすめは【メガネ】と【使い捨てコンタクト】の併用!




1,〖コンタクトのメリット〗


◆コンタクトのメリット
【コンタクトのメリット】は何より『自分の顔の印象』が【近眼前と変わらない】ということですね!


まあこれは当たり前ですよね。眼球に直接装着するんですから。見た目は変わりません。


そしてもうひとつは【運動やスポーツでジャマにならない】ということでしょうか。


サッカーやバスケなどの運動量の多いそして接触の可能性の高いスポーツでは、はっきり言って【メガネ】では不利ですし何より危険です。


それに【メガネ】特有の『視野の狭さ』も手伝いプレーの質にも影響を及ぼします。


まずはここまで【コンタクトのメリット】をまとめると‥

①顔の印象が近眼前と変わらない。
②運動やスポーツでジャマにならない。


2,〖コンタクトのデメリット〗


◆コンタクトのデメリット
【コンタクトのデメリット】でまずあげられるのが【ケアと管理が面倒くさい】ということですね。


『眠くて眠くてどうしようもない!』時でもまずは【コンタクト】を外さないと眠れなのは結構しんどいです。

そしてコンタクトには【ソフトタイプ】と【ハードタイプ】があります。


【ハードタイプ】のほうが【ソフトタイプ】よりも【目への負担】が少ないと言われていますが【装着時の違和感】は【ソフトタイプ】のほうが少ないです。


しかしいずれにしても専用の『洗浄液』や『消毒液』での【ケアと管理】が必要になってくるので毎日それを行うと考えると少し面倒くさいですよね。


今ではわりと【1day】や【2week】などの【使い捨てタイプ】が主流になっていますので【ケアと管理】は私の頃と比べてずいぶんラクになったとは思いますが。


ラクにはなりましたが、今度は金銭面の【維持コスト】が上がったような気もしてます。


さらに、あくまで私の経験なんですがコンタクト装着による【眼球へのキズ】のリスクもあります。


装着したまま眠ってしまったりなど、原因のほとんどが【きちんとルールを守らずに使用をした】事が原因なんですが、私はこれまで3回ほど【眼球にキズ】をつけてしまいました。


幸いにも3回とも目薬での治療で回復しましたが、その時は『目を開けていられないほど』痛かった記憶があります。


以上【コンタクトのデメリット】をまとめると‥

①コンタクトを外さないと眠れない。
②ケアと管理が面倒くさい。
③金銭面でのコストがかかる。
④装着時間などルールを厳密に守る必要がある。


3,〖メガネのメリット〗


私の性格上なのか、このような【デメリット面】の負担により25歳~現在に至るまで生活のすべてを【メガネ】で過ごしています。

◆メガネのメリット

【メガネのメリット】はなんと言ってもその【手軽さ】ですよね。


『眠くなったら』サッと外すだけですし、消毒などの【ケアと管理】も必要ありません。たまに【レンズをふく】程度です。


使用時間などのルールもありませんし、【コンタクト生活】をおよそ8年間過ごした私にとっては【ラクラク】の極みです。


しかもほんの少しですが【知的な印象に見える】という副産物?(笑)もついてきます。


さらにコスト面でみても最近では安価なメガネチェーンも増え1万円以下のメガネも珍しくなく、【コンタクト】とのコストの差は歴
然です。


【メガネのメリット】をまとめると‥

①眠くなったらサッと外すだけ。
②ケアと管理がほとんど必要ない。
③知的な印象に見える。
④金銭面でのコストが安い。


4,〖メガネのデメリット〗


◆メガネのデメリット
【メガネのデメリット】はまず【顔の印象が大きく変わる】ことですね。


最近ではオシャレなメガネも増えましたが、ファッションアイテムともなれば尚更センスが問われます。


洋服などと同じで人によっては【似合う・似合わない】もあります。


運動やスポーツでも危険ですし、ジャマにもなりやすくやはり激しい動きには向いていません。


つまり【コンタクトのメリット】がそのまま【メガネのデメリット】なんですね。


【メガネのデメリット】をまとめると‥

①顔の印象が大きく変わる。
②運動やスポーツでは危険になりやすく、ジャマにもなりやすい。



5,〖おすすめは【メガネ】と【使い捨てコンタクト】の併用!〗


ここまで【メガネのメリット・デメリット】【コンタクトのメリット・デメリット】をみてきました。

タイトルでは【VS】として対決の様相を銘打ちましたが、こうして見てみると【メガネ・コンタクト】のどちらにも【メリット・デメリット】がありますね。


当然ですがどちらが【勝ち】とか【負け】とかの話ではありませんし(笑)


【シチュエーションに合わせて】が正解かもしれません。


私の場合は普段の生活では、ほぼ100%【メガネ】ですが【1day使い捨てコンタクト】も一応持ってます。


スポーツなどのアクティブな動きをする時だけは【使い捨てコンタクト】を使用しています。


私の経験上おそらくこの【使い分け】が1番だと思います!


もし【メガネか?コンタクトか?】で お悩みでしたらぜひ参考にしてみて下さい!


以上〖視力低下が気になるアナタに!【メガネ】VS【コンタクト】【メリット・デメリット】を考えてみた。〗でした。


最後まで読んで下さり、ありがとうございました。

ワンデーアキュビューモイスト【コンタクト@通販】

この記事へのコメント

スポンサーリンク