今すぐ使える心理学!【カクテルパーティー効果】とは?【電話】での活用について考えてみる。

christmas-party-215501_1920.jpg
こんにちは!
営業マンです。


私が思いつくままに様々なテーマで書かせて頂いている当ブログ。


今回のテーマは【心理学】です。

これまで【心理学】をテーマにした記事を2つ書いてきました。


〈関連記事


今回はその第3弾。タイトル〖今すぐ使える心理学!【カクテルパーティー効果】とは?【電話】での活用について考えてみる。〗です。


目次
1,【カクテルパーティー効果 】とは?
2,人が最も心地良い【音(おん)】それは【自分の名前】
3,私の活用シチュエーション‥それは【電話】
4,私の【活用例】
5,【顔の見えない】電話に【表情】という彩りを。




1,〖【カクテルパーティー効果】とは?〗


さっそくですが、アナタは【カクテルパーティー効果】という心理効果をご存じでしょうか?

【カクテルパーティー効果】とは‥

〖騒々しいパーティー会場でも自分の興味のある話題や【自分の名前】などは自然と聞き取ることができる効果〗のことです。


例えば学生時代、クラスメイト達がいくつかのグループに分かれて、『カヤガヤ』と話をしている授業が始まる前の朝の風景。


その『ガヤガヤ』の中で、自分が話をしているグループとは別のグループから聞こえてきた【自分の名前】。


他の話題はまったく耳に入ってこなかったのに、突如として現れた【自分の名前】だけは、なぜだか聞こえてくる。


おそらく、多くの人がこんな経験をしたことがあると思います。


2,〖人が最も心地良い【音(おん)】それは【自分の名前】〗


【自分の名前】以外でも、『好きな人の名前』もそうですし、『好きな芸能人の名前』や『興味のある話題』なんかも、よく【聞こえて】きますよね。

そして人が最も心地良い【音(おん)】と言われているのが【自分の名前】の【音】です。


確かに誰かと会話をしていて相手から【名前】で呼ばれると、なんだか自分を認めてもらっている感じがして、とても嬉しいものです。


親しい間柄でも『ねぇ』や『ちょっと』なんて呼ばれるよりも、『◯◯君』や『◯◯さん』『◯◯ちゃん』など名前で呼ばれた方が相手に対して好感が持てますよね!


さて、この【カクテルパーティー効果】‥上手に使えば私達の生活、特に【仕事】や【人間関係・恋愛】でも効果を発揮してくれるんですね。


3,〖私の活用シチュエーション‥それは【電話】〗


私が特に『活用』しているシチュエーション‥‥それは【電話】です。

営業の仕事をしている私は、得意先や新規の営業先の経営者や担当者と【電話】で会話をする機会がとても多いです。


こちらから掛けたり、先方から掛かってきたり。

通常スマホなどの携帯電話の場合、【掛けた場合】【掛かってきた場合】のいずれも【相手の名前】というのはお互い【認識】していますよね。


掛ける方は登録しているメモリから。掛かってくる方は登録していれば携帯電話の画面に相手の名前が出てくるわけですからね。


ですので、通常電話での会話の場合【相手の名前】をあえて呼ばなくても会話が成立する場合がほとんどです。


4,〖私の【活用例】〗


私はあえて【相手の名前】を会話の中に入れるようにしています。
例えば‥

『先日おっしゃっていた~の件なのですが‥』
『(相手の名前)さんが先日おっしゃっていた~の件なのですが‥』

『(相手の名前)社長が先日おっしゃっていた~の件なのですが‥』


このように、会話の中に『さりげなく』【相手】の名前を入れるようにしているんですね!


顔が見えない【電話】というシチュエーション‥‥。

だからこそ、この【カクテルパーティー効果】がより効果的に働くことを実感しています。


5,〖【顔の見えない】電話に【表情】という彩りを。〗


【相手の名前】を呼びながら進める会話は、相手の自分への【好感】を高め、『表情の見えない』電話での会話に【表情】という彩りをもたらしてくれているような‥そんな感じがしています。

もちろん、【電話】以外でもこの【カクテルパーティー効果】は活用できます!


LINEやメール、TwitterなどのSNSでも、会話文の中に『さりげなく』【相手の名前】を入れてみる。


あくまで『さりげなく』がポイントですね!
『わざとらしさ』はすぐに相手に伝わってしまいますからね‥^_^;


【仕事】や【人間関係・恋愛】にぜひ活用して頂ければと思います!


以上、〖今すぐ使える心理学!【カクテルパーティー効果】とは?【電話】での活用について考えてみる。〗でした。


最後まで読んで下さり、ありがとうございました。(^_^)

この記事へのコメント

スポンサーリンク