今すぐ使える心理学!好意は積極的に伝えるべき?【好意の返報性】について考えてみる。

images (15).jpeg
こんにちは!
営業マンです。

様々なテーマで書かせて頂いている当ブログですが、前回は心理学をテーマに【単純接触効果】について書かせて頂きました。


目次
1,心理学記事の第2弾!【好意の返報性】
2,好意の返報性とは?
3,好意を伝える事が大切。
4,ビジネスでも活用できます!
5,相手との距離が一気に縮まります!




1,〖『心理学』記事の第2弾!【好意の返報性】〗


今回は、その第2弾というカタチをとり、タイトル〖今すぐ使える心理学!好意は積極的に伝えるべき?【好意の返報性】について考えてみる。〗と題し、進めていきたいと思います!

『恋愛』や『仕事や日常の人間関係』等、様々な場面で活用できそうな、この【好意の返報性】。


今回記事は、ブログネームでも、『営業マン』と名乗らさせて頂いている私ですので、どちらかと言えば、『仕事』における『対人関係』の視点で考えていきますね!


2,〖好意の返報性とは?〗


さて、すでにご存じの人もいるかとは思いますが、まず【好意の返報性】について、簡単に説明をさせて頂きます。

【好意の返報性】とは‥?

『自分の〖好意〗を〖相手に伝える〗とその相手も〖好意を返したくなる〗心理』

という性質を持った『人間心理』のようです。


逆の立場で考えてみますね。例えば、アナタが誰かに『好き』と言われたとします。その時の自分のキモチはどうでしょうか?


仮に相手に対して特別な感情が無くても、なんだか『うれしい!』というキモチになりますよね?


中にはうれしい!とまでは思わない人もいるかもしれません。が、けっして『悪い気』はしないですよね。(^_^)


そして、このような『キモチ』を伝えてくれた相手に対しての印象はどうでしょうか?


おそらくほとんどの人が相手に対して『良い印象』を持ち、大なり小なり『好意』というモノを持つのではないのでしょうか。


これが【好意の返報性】です。(^_^)


3,〖『好意』を伝える事が大切。〗


例えば『好きな相手』や『仲良くなりたい相手』には、まずはその『好意』を伝える事がとても大切です。

どうしても直接的に伝える事がムズカシイ場合は、『態度』や『表情』でも良いと思います。


まずは、相手にこちらのキモチを『知ってもらう』。コレがとても重要なんですね!!


私は、この【好意の返報性】を仕事や生活において活用し、実践をしています。

私の仕事は『営業職』です。では、『営業』とは一体どんな役割を担うのか?‥というと、かなりざっくり言わせて頂ければ『人間関係づくり』です。


もちろん、営業の本質的な目的は『自社の製品や商品、サービス』の契約・販売です。しかし、そこに至るまでの『やり取り』の中には必ず『人間関係』の構築が必要になってきます。

しかもその『人間関係』は契約・販売が完了したからといって終わりではありません。


むしろ『始まり』であり『アフターサービスやケア』そして『クレーム対応』など、ここから、今までより『濃い人間関係』が始まるんですね!



4,〖ビジネスでも『活用』できます!〗


私が『営業』として『心がけている事』は、ビジネスの相手をまずは『好き』になる事です。そして、その『好意』を相手に対して惜しみなく表現する事です。

それは、単純に言葉ばかりの表現ではなく、例えば、『関心を持って相手の話しに傾聴する』といった事も立派な『好意』の表現方法です。


実体験としては、『好意』が相手に伝わり出すと、相手も『腹を割って』話しをしてくれるようになったり、『前向きな話』をしてくれるようになったりしてきます。


5,〖相手との『距離』が一気に縮まります!〗


さらに、この【好意の返報性】のスゴイところは『相手との距離が一気に縮まる』ところですね!
『相手との距離が一気に縮まる』という事は、『購入や契約までの距離が縮まる』とも言い換えられます!


相手に自分の『好意』をできるだけ伝える事で、 相手との距離が一気に縮まり〖営業⇨商談⇨契約〗までのスピードをアップする事ができるのです!


私の経験上ではありますが、【好意の返報性】を『営業』に活用すると、業績にも『好影響』を及ぼしてくれる事は、ほぼ間違いナシですね!(^_^)


仕事の対人関係や日常生活の対人関係、そして恋愛でも活用できる【好意の返報性】ですが、最後にひとつだけ注意点を‥。


シツコイのは絶対に止めましょう!!
逆に『嫌われて』しまいますからね。^_^;


以上、〖今すぐ使える心理学!好意は積極的に伝えるべき?【好意の返報性】について考えてみる。〗でした。

最後まで読んで下さり、ありがとうございました。

この記事へのコメント

スポンサーリンク