『抜け毛の秋』に備えよう!夏の時期の『メンテナンス』が頭皮を救う!

images (3).jpeg
こんにちは!
営業マンです。


当ブログにアクセス頂きありがとうございます!


今回のタイトルは〖『抜け毛の秋』に備えよう!夏の時期の『メンテナンス』が頭皮を救う! 〗です。


なんだか、夏の風物詩の、あの某TV番組みたいなタイトルですが‥(笑)


目次
1,子どもからのひと言で‥
2,ポイントは頭皮の『柔らかさ』と『色』
3,私が実践している事とは?
4,継続してみたら‥効果が!
5,まとめ



1,〖子どもからのひと言で‥〗


では、早速本題に‥プロフィールにも書いてありますが、私はアラフォー年代の二児の父親です。実は2、3年前から、少し『薄毛』が気になりはじめました。

そもそも、私の父親も、そして祖父も、まあ、出来るだけオブラートに包んで言わせて頂ければ‥『○ゲ』でして‥。


そして、私もサラブレッド?として、その『遺伝子』をしっかりと受け継いでいるわけです。


私が自分の『薄毛』に気が付いたキッカケは、小学校高学年のわが子の『容赦のないひと言』がキッカケでした。


『お父さん!てっぺんが少し○ゲてるよ!』


それまで、朝の歯磨きなど、鏡で自分の姿を見る場合は、ほとんど『正面』からの姿のみでした。


遺伝子的には、サラブレッドな私ですので、『将来的』には、『そうなる事』は、予想をしておりました。‥が!


『わが子からのひと言』があるまで、まさか、今現在、自分の『頭頂部』が薄くなっている事には全く気が付いていなかったので
す!


『頭頂部の薄毛』とは、まるで『忍びの者』かの如く、いつの間にか『忍び寄る』ものなんですね‥(苦笑)


私達アラフォー年代の男達にひっそりと忍び寄り、気が付いた頃には‥。


2〖ポイントは頭皮の『柔らかさ』と『色』〗


そんな私が約1年前から、実践している育毛法がありますので、紹介をさせて頂きます。

特に『抜け毛』が増えるのが、『秋』ですので、『夏の時期』の『頭皮メンテナンス』が重要になってきます。


まずはチェック!

①頭皮の柔らかさ

健康な頭皮とは、『適度に柔らかい』状態の事を指すようです。


この適度な‥には個人差があり、上から押し付けるような柔らかさではなく、『頭皮を動かす事ができる』柔らかさがあれば、健康な状態のようです。


②頭皮の色

健康な状態の頭皮の色は、健康な順番に並べると‥
健康度100『青白い』もしくは『白い』
健康度80『黄色っぽい白』
健康度50『赤い』
健康度20『茶色』


以上の順番で健康状態を診ることができるようです。


共通して言える事は、①の『硬さ』も②の『色』も、全ては『頭皮の血行』が影響しており、『頭皮の血流』か良ければ良いほど‥
『頭皮は柔らかく青白い』という事らしいです。


3,〖私が実践している事とは?〗


髪の毛には、発毛と抜け毛を繰り返す、『正常なサイクル』があり、健康な頭皮の状態であれば、約10万本ある髪の毛が『生えたり抜けたり』を繰り返しているようです。


その『サイクル』が乱れ、本来の『太さ』や『長さ』に育つ前に『抜け落ちて』しまう事が『薄毛』の主たる要因みたいです。


以上の事から、私が『頭皮の血行』に着目をして毎日実践している事は全部で5つです。


①シャンプー時の頭皮マッサージ

手の平の『腹の部分』や指先の『腹』の部分で頭皮を動かすようにシャンプーをしております。男性がやりがちな『爪を立てて』の『ゴシゴシ』はNGです。


②リンスやコンディショナーは『毛先』のみに。

毛穴の詰まりは髪の毛の『生育』に悪影響を及ぼします。

もちろん毛穴の1番の『大敵』は頭皮に付着した『皮脂油』ですが、リンスやコンディショナーも付け過ぎると『毛穴』の詰まりの原因になりますので注意が必要です。


③洗髪後はできるだけ早く『乾かす』。

髪の毛を長時間『濡れたまま』にすると、『雑菌』の繁殖を促してしまい、頭皮環境に悪影響を及ぼします。

ドライヤーも決して頭皮に良いものではありませんが、悪影響の『度合い』を比較した場合、ドライヤーの方がまだ『マシ』な為、私はできるだけ早くドライヤーで乾かしております。


④紫外線から頭皮を守る。

秋の抜け毛の原因のひとつに、真夏の強い日差しによる『積み重なった』頭皮へのダメージによるものが、多くを占めているようです。

屋外で長時間の活動をする場合は必ず、帽子等で、頭皮を守るようにしております。

よく言われるのが、『帽子を被ると頭皮が蒸れて髪の毛に良くない』という話‥

しかし、こちらもドライヤーの場合と同じで、『度合い』で比較をした場合、圧倒的に『紫外線』の方が『悪影響』を及ぼしますので、屋外活動時はできるだけ帽子を着用しております。


⑤睡眠をしっかりとる。

特に、午後10時~午前2時は睡眠の『ゴールデンタイム』と呼ばれ、人間の細胞の修復や活性化を促す、『成長ホルモン』という物質がより多く分泌される時間帯でもあります。

当然、この『成長ホルモン』は、『頭皮』や『髪の毛』にも、良い影響をもたらしてくれるようです。


以上が私が実践している『頭皮のメンテナンス』です。


4,〖継続してみたら‥効果が!〗


そして私が約1年間、実践をしてみた効果の程は‥というと

①頭皮が以前より柔らかくなった。

②頭皮の色が『茶色』⇨『黄色っぽい白』に

③髪の毛が以前より太くなった。

④『細い短い毛』の抜け毛が減った。

⑤髪の毛にコシが出て以前よりボリュームが出るようになった。


あくまで、私個人の実感ですが‥。


『薄毛』とは、ある程度長い期間をかけ、毎日少しずつ、少しずつ抜けていった『結果』です。


ですので、発毛や育毛の場合も同じぐらいの
期間や時間を経て一進一退をしながら、少しずつ、少しずつ増えていったというのが私の感想です。


そして、その効果の実感をよりスピードアップさせる為に、発毛剤や育毛剤そして栄養補助の為のサプリメントなどがあるわけですね。


5,〖まとめ〗


髪の毛とはある意味『農作物』と似ているような気がします。


①土(頭皮)を『マッサージ』で耕し

②肥料(サプリ)で栄養分を整え

③発芽促進剤(発毛剤)で発毛を促進する


今回の記事が、私と同じ悩みを持つ、皆さまのお役に立てれば幸いに思います。


以上、〖『抜け毛の秋』に備えよう!夏の時期の『メンテナンス』が頭皮を救う!〗でした。


最後まで読んで下さり、ありがとうございました。

オススメの育毛剤!チャップアップ(CHAPUP)

この記事へのコメント

スポンサーリンク