地元の駅ビルで見かけた『スマホ教室』。困っている事を解決出来れば『それは仕事』になる。

images (10).jpeg

こんにちは!
営業マンです。

本日も当ブログにアクセス頂きありがとうございます。また本日初めて当ブログに辿り着いて下さった方もありがとうございます。


さて、今回タイトルは〖地元の駅ビルで見かけた『スマホ教室』。困っている事を解決出来れば『それは仕事』になる。〗です。


目次
1,驚いた!スマホ教室って?
2,以前書いた記事に‥
3,困っている事を解決できれば。
4,価値があれば仕事に‥


1,〖驚いた!スマホ教室って?〗


このブログでも書きましたが、先日久しぶりに『地元のローカル線』に乗って買い物に出かけました。

その時の話なのですが、電車を降りまずは、妻の買い物に付き添い、(というか、荷物持ち&「似合うよ!」要員ですね‥(笑))


その後、『ほしいもの』や『必要なもの』を探してウィンドウショッピングを楽しんでおりました。


しばらくすると、一緒に行った子ども達が『疲れた』と言うので、書店に併設されたカフェでひと休みをする事に。


アイスコーヒーを頼み、イスに深く腰を掛け『何気なく』周囲を見渡している私の目に飛び込んできたのが「スマホ修理承ります」の看板です。


『正規ショップじゃなくて、こういう所に修理を頼む人もいるんだなぁ‥』


などと、考えている私の目にさらに入ってきたのが店頭に設置されているノボリ旗の『スマホ教室開催中!500円~』の文字。


『え!?スマホ教室?』


2,〖以前書いた記事に‥〗


私はとても驚きました。何故そんなに驚いたかと言うと、実は少し前にこのブログで『ひとり会議‥』という記事を書きました。


ある眠れない日の深夜に、ほとんど『遊び』に近い感覚で書いた記事で、内容は?というと


〖世の中に数多ある『○○教室』、この○○にいろいろ『当てはめて』新しいビジネスモデルを考える。〗


という、ほとんど『大喜利』に近い、そして読者の皆様を『置き去り』にした、完全な『自己満足』的な記事だったのですが、その中でいくつか私が挙げた『例』の中にその『スマホ教室』があったからです。


『すごい偶然‥本当にあったんだ‥』


私もその記事を書いた時は、『なにか新しいモノを発想しよう!』とか、『斬新な何か?を考えよう!』などという意識はほとんど無く、ただただ、『思い付いたまま』に書いていただけです。


もちろん、『私が知らないだけ』の、すでに『世の中』にある『○○教室』を書いてしまう事も想定内でした。


3,〖困っている事を解決できれば‥〗


さらに、私が見かけたその『スマホ教室』のノボリ旗の下のほうに『シニア層の方』や『お子さん』を対象としているかの様な文言も見つけました。

この文言を見つけた時、それまで『ブログ記事と現実の偶然の一致』に驚いていた私の思考は他の事を考え始めていたのです。


例えば中高生や20代~50代くらいの人達にとってはスマートフォンの機能や操作を覚える為にお金を支払うという発想にはあまりならないと思います。


しかし、『シニア層の方々』や『中高生を子に持つ親御さん』等はスマートフォンを『正しく便利に且つ安全に使用』をする為に、『お金を払ってでも覚えたい』と思う人がいるかもしれないのです。


しかも料金の設定が、なんとも『良いところを付いた1回500円』です。


4,〖『価値』があれば『それ』は『仕事』に‥〗


私は、もっといろいろな事が知りたくなり、そこで働いている店員さんに声を掛けようとしましたが、接客中で忙しそうにしている姿を見て、声を掛けるのを止めました。


残念ながら店員さんへの詳しい『取材』こそ出来ませんでしたが、


『困っている人』がいて、『それ』を『解決する事』が出来て、さらに『そこに価値』があれば『商売』になり『仕事』になる』


という事を再認識した有意義な休日となりました。


何気なく乗った地元のローカル電車。読者の皆様もたまに、『いつもと違う事』をすると『何か新しい発見』があるかもしれません。(^_^)


最後まで読んで下さりありがとうございました。


『スマホ入門』本の紹介です。Amazonさんのリンクです(^_^)

この記事へのコメント

スポンサーリンク