ダイエットには『腹七分目』が効果あり?180日で25kgの減量に成功した知人の話。

images (7).jpeg
こんにちは!
営業マンです。


当ブログにアクセス頂きありがとうございます!


『とある地方』で営業マンとして、働く私は、営業職という職業上たくさんの方と知り合う機会に恵まれております。


『知り合い』というのは、もちろん『家族』でもなく、そして『友達』や『仲間』とも違います。


『会えば話す』『お互いを干渉しない』でも近況など『いろいろな事』を話す事ができる、とても『心地良い存在』だと、個人的には思っております。


目次
1,久しぶりに会った知人の姿に‥
2,知人が成功したダイエット理論。
3,肥満ではなくとも注意を。
4,あくまでも参考として‥


1,〖久しぶりに会った知人‥その姿に‥〗


さて、そんな私の『知り合い』に先日久しぶり(1年振り位です。)に会う機会がありました。

後ろから、肩をトントンとされたので振り替えった瞬間‥‥うん??一瞬の『間』の直後に気が付きました。(びっくり!)


私『あーどうも!お久しぶりです!』
知人『(笑)最初気が付かなかったでしょ?』


このようなやり取りをした後は、当然の事ながら、その『スマート』になった『体型』の話になりました。


その知人は私と同年代のいわゆる『アラフォー』年代の男性です。


しかも、もともとは100kg近い体重があった方です。

(身長は180cmぐらいでしょうか。)


この『年代』でいわゆる『激やせ』というのは、まず、『糖尿病』などの病気や疾患によるものという事も考えられます。


その為『激やせ』した姿の話に『触れて』も良いのか?迷うところもあったのですが、おそるおそる聞いてみることに。



2,〖知人が成功したダイエットの『理論』とは?〗


すると、帰ってきた言葉は‥


知人『病気じゃないよ(笑)』。
知人『ダイエットに成功したんだよ。』
の返答でした。


私はその『病気じゃない』という言葉に安心したのと、ほぼ同時くらいに‥


『どうやってそこまで痩せたのか?』に興味が移っていました。


聞いてみると、実は『なにか』特別な事、例えば、『歩く』とか『走る』とか『ジムに通う』などを実践したわけではなく‥


単純に『元々の自分の体格』に合わせて『食べる量』を調整し、それを『継続』した結果だというのです。


その知人の『理論』とは‥


①自分の身長がこれぐらいなのだから、その『カラダ』を維持する為の『カロリー摂取量』はこれぐらいで十分だろう。


②そうすると『今まで食べていた量』から考えて『腹七分目』くらいがおそらく妥当だろう。


たった『これだけ』の事だったらしいのです。



そして、そう考えて毎回の食事をしている内に『自然』と『高カロリー』な食べ物も避けるようにもなっていったと言うのです。


さらに言っていたのは、『脳とカラダを正しくつなげる。』という事。


簡単に言うと自分本来の『体格』に見合った『満腹感』を身に付けるという事らしいのですが‥。


ここまで聞いても、その場では中々『理解』をする事が出来なかった私でした。


しかし、『確かに目の前にいる』その知人の『変貌を遂げた姿』を見ると、それは『理解』とかではなく、『結果』としてその『理論』を認めざるをおえませんでした。


3,〖肥満ではなくとも注意したい『食べ過ぎ』〗


そして私と同じ『「高血圧」な仲間』として、会えば『血圧』の話をしていた、その知人は肥満解消による『血圧の改善』をも『副産物』として手に入れたようでした。


やはり代謝機能が落ちる『アラフォー年代』は自分は普通に食べているつもりでも、どうしても『食べ過ぎ』になってしまうらしいです。

私自身はまだ『肥満』と呼べる『体型』までは、まだなんとか『いかず』に『持ちこたえ』ております。


しかし生活習慣病の予防やいわゆる成人病の予防の為にも『参考』にしてみようと思いました。


4,〖あくまでも参考として‥〗


ダイエットとは、『これをやれば確実に‥』なんてモノは無く、『その人』が『その人に合ったやり方』をしなければ『正しい効果』は得られない事だと思います。


ましてや、『無理なダイエット』をして『体調を崩し』ては、元も子もありません。


あくまでも『参考』として知人の話を記事にさせて頂きました。


ぜひ参考にして頂ければと思います。


最後に『営業マンな私』なので、一応商品の紹介を。


その名も‥〖4Dトルネードスリム〗です!!
『腹七分目』+『運動』

効果がありそうですよね!?


『自宅がジムに?スタイリッシュなブルブル振動4Dマシン』の公式ページです(^_^)
興味のある方はぜひ!
4Dトルネードスリム 公式オンラインショップ 「STARGOODS」


最後まで読んで下さりありがとうございました。(^_^)

この記事へのコメント

スポンサーリンク