スゴイ!『農業×VR』活用が始まっているみたいです!

images.jpeg
images-12.jpg
読者の皆さま、こんにちは!

本日も当ブログにアクセス頂きありがとうございます!


又、初めて当ブログにアクセス頂いた読者の皆さま、ほんとうにありがとうございます。


目次
1,私の仕事
2,地方と農業が抱える問題
3,活用が始まっているVR
4,さらなる活かし方
5,地方と都市部が一体となり



1,〖私の仕事〗


今回は、『農業×VR』をテーマに書いていきたいと思います。


記事『私の仕事‥』でも書きましたが、私は『農家の皆様に対して微力ではありますが手助けになる』仕事をしております。


昨今の『農家さん事情』は、同記事『私の仕事』に書かせて頂きましたので、一度そちらの記事を読んでいただければ、これから書いていく内容のご理解も深まると思います。

ぜひ読んでいただきたいと思います。


2,〖地方と農業が抱える問題〗


さて、本題ですが、、

農業とVR(バーチャルリアリティー)‥‥一見すると真逆に位置していそうな、この2つのワード。『農業』はおそらく?人類史上最も古い『産業』であり『文化』です。かたや、『VR』は現在の人類の最先端のひとつに位置する『技術』です。


『VR』(バーチャルリアリティー)に関しての説明は、今さらというのもありますし、こちらに関しては『専門』『得意』分野の読者の方もおられると思いますので、私の方はどちらかというと『農業』目線で書いていきます。

以前、記事『私の仕事』で農家さんの『高齢化』『後継者不足』に関する記事を書きました。実際、私の日々の仕事の中でも上記の『問題』に触れる機会も多く、事態はとても深刻です。


行政、各関係各所も新規就農の募集や補助金の充足を図り、なんとかこの危機的状況を打開していこうと様々な試みを行ってはいますが、まだまだ『目に見える』成果はあがってないように思えます。


3,〖VRが農業に活かされ始めているようです!〗


そのような中、文頭でも書きました『VR』を活用して『農業や農村』のPR活動を行っている某地域の農政局や、同じく『VR』を活用した『農業経営シュミレーション』や『人材教育』を行っている某地域の農園さんがあるようです。

私個人として、この試みはとても素晴らしい事だと思います。ドローンを用いた『農薬散布』などもそうですが、最先端の技術はどんどん取り入れるべきだと思います。


農業用の機械も『GPS機能』や一部『自動運転』などもすでに農業の現場で活用されております。


4,〖さらなる活かし方‥学校の授業などで‥〗


話は『VR』に戻りますが、さらなる『活かし方』として大都市や都心部にお住まいの方にも『体験型のアトラクション』としての、『VR』を使ったサービスが提供できるのでは?と思いました。

例えば、大都市や都心部の『小中学校の教育の現場』で子供達の『社会科の授業』に活かしたり、またイベントなどで『農業VR体験!』ができる『場』を設けてみたり。


そうすることで、メディアやマスコミの目にも触れ『話題』になる事で、都市部の方々にも『地方の課題、問題点』に目を向けていただける機会づくりになるような気がするのです。


単純に『遊び』というカテゴリーでも良いかもしれません。アミューズメント施設などで『設置型のゲーム』として置いてみるのも良いでしょう。


とにかく、『農業に触れる』『野菜づくりを知る』『毎日食べてる「米」づくりを知る』その機会が多ければ、多いほどたくさんの人に『農業のほんとうの姿』を知ってもらえると思うのです。


5,〖地方と都市部が一体となり。〗


〖地方から都市部に対して問題を提起⇨都市部で問題をクローズアップし⇨地方に戻し解決の糸口にする。〗

このような図式で公民一体で問題解決できたらほんとうに素晴らしいことだと思います。


『農業』と『VR』‥一見すると真逆の位置に揃い立つ『ワード』のようですが、もしかしたら、実は最も『相性』がよいモノなのかもしれません(^_^)


最後まで読んで下さり、ありがとうございました。



スマホでカンタンVR体験!(^_^)

この記事へのコメント

スポンサーリンク