モチベーションをあげるには?

images.jpg
皆さんこんにちは!
5月も半ばを過ぎて、気候がどんどん夏に向かっていますね!あ、でもまだその前に梅雨の時期がやってきますね^^;


私はどうも‥雨というのが苦手で‥梅雨の時期はあまり好きではありません(>_<)
逆に雨が嫌いじゃない、雨の方が好きという方もたくさんおられるとは思いますが‥


私の場合『仕事の生産性』という意味では、天気が悪いとどうしても下がるような気がしております。


営業という職種は、店舗販売のような商売とは違い天候の影響は比較的に受けにくいのですが、まだまだ未熟者の私はどうしても気分にムラがあり、天候などの『外からの影響』を受けやすいなと自己分析している次第です。

そこで今回のテーマは『モチベーション』です。

目次
1,モチベーションという言葉。
2,動機付けや目的意識。
3,私の体験談
4,「なにか」興味があることを‥


1〖モチベーションという言葉。〗


いつの頃か、この『モチベーション』という言葉が、日常会話の中にたくさん登場するようになりました。テレビなどメディアの影響でしょうか、少なくとも、私の周りでは何年か前、ある時期から急に増えだした印象です。

言葉自体はもともとある言葉なので使っていて、聞いていて違和感のある言葉ではありませんが、日本人である私達の日常会話に突如として現れたようにも思えます。(あくまで個人的見解です。あしからず)


2,〖『動機付け』や『目的意識』〗


『モチベーション』と検索すると、『人が何かする動機付けや目的意識』と出てきます。

よく会話の中で、
「今日はなんかモチベーションが上がらないなぁ」とか

「そんな事言われるとこっちのモチベーションが下がるよね」など


皆さんも仕事関係の人と話をしていると、耳にする機会、口にする機会も少なくないと思います。


ちなみに、私もよく使っているような気がします。大抵は先ほど書いたとおり、『天候』や『他人から受けた言葉』で自分のやる気が上がった時、もしくは下がった時などに会話の中で登場してますね。


この『モチベーション』‥‥誰しも、働いていたり、また学生さんであれば勉強していれば、ちょっとした『きっかけ』や『言葉』で上がったり、下がったりを繰り返していることと思います。


そして、それは当然私も例外ではなく、上下の幅こそ都度変わりますが、日々上がったり、下がったりを繰り返しています。


3,〖私の体験談〗


ここから、前回記事『福祉住環境』にもつながるのですが、(まだ読まれてない方はぜひ、読んでいただければ‥)

今から約10年前、私の仕事への『モチベーション』が大きく下降した時期がありました。
もちろん、働く、仕事をするという事は対価としてお金(給料)が一番目のモチベーションです。


しかし、その時の私はお金ではない部分、人間関係、プレッシャーなどが要因でした。
それまで、仕事に対し能動的だった自分もいつしか受動的になり、このままではいけない!とは思いながらも、『ただ仕事をこなす』日々を送っていました。


そんな私の『モチベーション』が復活したきっかけ、それは『勉強』です。


その時、ふと目に止まった『某資格専門通信講座案内』の『福祉住環境コーディネーター』という資格です。当時『社会起業家』という言葉を様々な媒体が取り上げており、私自身も強い興味をもっていた時期でもありました。社会に対して直接的に貢献できそうなこの資格に強く惹かれたのです。


実際勉強を始めると、初めて知るような言葉や知識、問題集を解く達成感など、とても楽しかった記憶があります。


数ヶ月の勉強の後、試験。
結果は見事2級合格でした。


そして、なんと合格を知る頃には下がっていたはずの私の仕事への『モチベーション』は復活していたのです!いや、むしろ以前より上がっていたと表現するべきでしょうか。



4,〖『なにか』興味がある事を‥〗


どうやら本業で大きく『モチベーション』を落としていた私は、無意識に職業人以外の『もうひとりの自分』を求めていたようです。

『モチベーション』ほとんどの場合、下がる要因は『外からの要因』と個人的には感じております。


『自分で自分のやる気を上げる』行動は人それぞれかと思います。が、私の体験談として、書かせていただきました。


これを読んだ社会人の皆さん、もし『モチベーション』が下がった、『やる気が起きない』そんな時は、なにか興味がある事を『勉強』してみるのもオススメですよ!


⇩今はスマホで『通勤』講座ですって!(゚-゚)
 すごい!時代は進んでますね!
https://manabiz.jp/?waad=7UTI17W0

この記事へのコメント

スポンサーリンク