なぜ?就寝前のクイズ大会が『子どもの知育』につながるのか?その理由。

images-9.jpg
こんにちは!
営業マンです!


本日も当ブログにアクセス頂きありがとうございます!


又、本日初めて当ブログに辿り着いて下さった方、ありがとうございます!


さて、今回のテーマは『子どもの知育』としてみました。

目次
1,私は二児の父親
2,就寝前になると‥
3,話す事がなくなると‥始まる
4,「問題をつくる」という行動が‥
5,「布団に入りながらのクイズ大会」オススメです!


1,〖私は二児の父親です。〗


以前にもブログに書かせていただきましたが、私は二児の父親です。
上の子は高学年の小学生、下の子は幼稚園に通っております。


タイトルにも書きました『知育』ですが、子育てをしていますと、上の子であれば学力(テストの点数ばかりではなく考え方や思考の癖など)、下の子であれば文字の読み書きなど、自分の子どもの成長が気になるものです。


もちろん、知能の成長には個人差がありますので、行動や日常会話の中で子ども達の成長を観察しながら、『親としてできる』アドバイスや手助けをしているつもりです。


上の子の学校の授業参観、下の子の発表会など『家庭以外』での子ども達の様子が見たいので、仕事に都合がつけばできるだけ行くようにもしております。


2,〖就寝前になると喋りだす子ども達〗


少し話がずれますが、皆さんは子ども達又は家族との会話を含めたコミュニケーションを日々『どのような時』に行っているでしょうか?

これは、各家庭によって様々だとは思いますが、私の場合は『夜寝る前、布団に入りながら』が多いです。


共働きである私達夫婦は、やはり朝は忙しく、夕方から夕食、入浴までも、やはりバタバタと忙しいです。


子ども達も好きなアニメ番組や下の子であれば『ごっこ遊び』など、自分のやりたい事が各々あるようです。


では、夕食時はどうか?恥ずかしながら、上の子が小さい頃からテレビを観ながらの食事が習慣化してしまい、会話の中身はほとんどテレビのバラエティ番組の事が多いです。


(もちろんバラエティ番組もいろいろ勉強になりますよ!‥念のため。それに人間やはり『笑い』は大切です!)


そんなわが家ですが、一日の出来事などを全員良く喋り出す瞬間があります。それは『夜寝る前、布団に入った時』です。


上の子には自分の部屋を与えておりますが、わが家の場合は4人ひとつの部屋で寝ております。(でも、そろそろ上の子がひとりで寝ると言い出しそうな‥雰囲気も‥)


3,〖話す事がなくなった頃に始まるクイズ大会〗


寝ながらあーでもない、こーでもないと皆で話しているのですが、その話も尽きてくる頃私が子ども達と行う遊びがあります。その遊びとは『クイズの出し合い』です。
しかも、かなり簡単な。


例えば‥
①赤くて
②顔が丸くて
③足が八本
これな~んだ?


ものすごく簡単な例をあげましたが、このようなクイズです。しかも、生き物に限らず、生活にあるもの、使うものなど出題範囲は広いです。


これを私が出題をして子ども達が答えてみり、子ども達が問題を自分で考えて私に出題してみたりして遊んでいます。そして、気づく頃には寝てしまう‥


4,〖「問題をつくる」事が知育につながる?〗


さて、、ここからタイトルにもさせて頂いた『知育』につながるのですが、この遊び‥特に子ども自身が『問題を考えてつくる』行動が子ども自身の『知育』につながるのではないか?と思ったわけです。

①モノをイメージし
②特徴を捉え
③ヒントになりうる特徴を言葉にしていく


実はこの遊びのヒントは、上の子の授業参観での風景にありました。


算数の授業だったでしょうか。先生が生徒にある公式を使って解く文章問題を生徒各自に作ってもらい、それを発表し皆で問題を解いていたのです。


私は参観しながら『なるほど』と、、誰かに作られた問題を解くより、『問題を作る事』の方がよりその事に対して理解が必要ですし、想像力と思考力も必要になりますよね。とても関心した事を今でも覚えています。


5,〖オススメ!布団に入りながらの

クイズ大会!〗


世の中には玩具や本など『知育』に関する素晴らしいモノもたくさんありますが、このように『なにもなくてもできる』知育もあるのだなと感じています。


お子さんをお持ちのお父さん、お母さん、夜寝る前に布団に入りながらお子さんとクイズの出し合いなどいかがでしょうか?



ちなみにウチの子ども達、定番の『絵本の読み聞かせ』も喜んでますよ!『道徳心』も育みますし。(^_^)


⇩このようなサービスを見つけました!
 絵本の定期宅配のようです。
https://www.worldlibrary.co.jp/personal

この記事へのコメント

スポンサーリンク